正しいバレエを習いませんか?

趣味でやるにしても、プロをめざすにしても、
正しいバレエのレッスンは、本当はとっても
楽しいものです。

ソフィア・バレエ・アカデミーは、プロを目指して専門的にバレエに取り組む生徒であるか、趣味でバレエを楽しみたい生徒であるかを問わず、バレエが大好きで、真剣にレッスンを受けてうまくなりたいという生徒たちに、7名以内の少人数クラスで、一人ひとりの生徒に分けへだてなくまったく平等に、正しいワガノワ・メソッドの基礎を指導する、日本でも数少ないバレエ・スタジオの一つです。

「バレエがこんなに楽しいなんて知らなかった!」

ソフィアでレッスンを受けた人たちの99%が
異口同音にそういう感想を伝えてくださいます。

「...生徒たちはとても仲が良くて、スタジオはまるでバレエのオアシスのように和気あいあいとしています。」 
 
(ワガノワ・バレエ・アカデミーの名教師、エレーナ・アルカーノワ先生の感想)

スタジオでは、楽しそうな生徒たちの笑い声が絶えません!


徹底した少人数クラス!

ソフィアでは各クラス7名以内なので、一人
ひとりていねいな指導で、密度の濃いレッスンを受けられます!



日本のバレエ教育の常識 = 本場ロシアの
バレエ教育の非常識

本場ロシアのバレエ教育の常識 = 日本の
バレエ教育の非常識


本物の正しいワガノワ・メソッドの基礎を教え
ているソフィア・バレエ・アカデミーは、日本の
バレエ教育界では“非常識な”スタジオです



《ソフィア・バレエ・アカデミーの5つの特色》

(1)徹底的に基礎教育を重視する!

1.レッスンの初日からバレエ用語を覚えさせる:

  バレエでは、教師がお手本を見せるのではなく、生徒一人ひとりが
  自分の頭で考えて踊ることが重要です。

  頭が悪くては(頭を使わなくては)バレエは踊れません。

  「バレエは身体で踊るのではなく、頭で踊るものです!」

  これは、世界的に活躍している、あるプリンシパルがソフィアの                               
  講習会の時に、受講生たちに繰り返し強調していた名言です。
  

  ところが、日本には残念ながら、自分の頭で考えてレッスンをし、踊るように指導しているバレエスタジオはほとんどありません。大多数の教室では、先生が”お手本”を見せて、生徒たちはその真似をする、というレッスンが行われています。
  しかも、日本には正しいワガノワ・メソッドを教えることのできる教師は、数えるほどしかいませんから、先生の間違った”お手本”(クセ)が100%生徒たちにコピーされてしまう、という悲劇(喜劇?)が繰り返されています。

  ソフィアのレッスンではバレエ用語でパを説明し、原則としてお手本は見せません。

  「基礎のレッスンばかりでは面白くないのでは?」

  −いいえ、正しい基礎が身に付いて行き、徐々に自分で自分の身体を思うように コントロールできるようになっていくからバレエが楽しくなるです。

  「バレエ用語は難しいのでは?」

  −いいえ、最初のレッスンからそういうやり方をしていけば、 生徒たちは自然に苦労なくバレエ用語を覚えてしまいます。

2.テクニックよりも基礎に重点をおいて指導する:

  
  日々のレッスンでは、完璧にできるようになるまで、繰り返し繰り返し、徹底的に基礎を指導することがソフィアの方針です。

  入門クラスから専科までレッスンの重点は基礎、基礎、基礎です。
  
  基礎をおろそかにしてテクニックに走りがちな日本のバレエ教育では本当に世界に通用する素晴らしいダンサーは育たないと考えます。

  基礎がきちんとできていないテクニックなど、まったく無意味です。

3.音楽を重視する

  バレエは、まず音楽が先にあり、それから音楽を感じ取って身体を
  動かす、というのが基本(キホン)のキ。

     音楽が先で、動くのはその次です。

  きちんと音楽を感じとり、音を正確に取って踊ることが大切です。 
    
  日本では、音符一つひとつに振りが付いている事を知らない教師や
  生徒が大多数です。

  ですから、多くの日本人留学生はロシアや欧米のバレエ学校では
  通用しません。

(2)コンクールには原則として出さない!

  日本では毎年、大小約200のコンクールが開催されています
  一年中どこかでコンクールをやっています。

  おそらく、都道府県でバレエ・コンクールをやっていないところはないのではないでしょうか? 
 
  掃いて捨てるほどある“バレエ・コンクール”は、日本では今や一大産業分野として成長しており、大多数のコンクールはそれをビジネスにしている人たちが開催しています。

  つまり、日本ではコンクールそのものが”商売”になっているのです。

   そんなコンクールに教師も親も生徒も文字通り”踊らされて”、「良いバレエ教室=コンクールで大勢の生徒達が賞を取っている教室」という間違った考え方に取りつかれて、みんながコンクール、コンクールと言って、毎日の地道なレッスンをおろそかにしてリハーサルばかりにうつつをぬかして騒いでいるのが日本のバレエ教育界の現状です。

  有名ダンサーのDVDを見て覚えたコンクール用のヴァリエーションを、音楽もバレエの内容も理解できていない小さな子供たちが、ただただ正確にコピーすることを競うような、“サル真似コンクール”に参加することにどんな意味があるのでしょうか?

  黒鳥やキトリのヴァリエーションを踊る小学生...

  小学生や中学生が美空ひばりや石川さゆりの歌をどんなに上手に真似てみても、聴く人を感動させることはできないのではないでしょうか?

  足を高く上げる、何回もフェッテをする、高くジャンプする...

  テクニックばかりを重視する日本の教師と生徒と親たち

  バレエは芸術です。スポーツではありません。
  
(講習会でロパートキナ先生も繰り返し強調されていました。)

  難易度の高いウルトラCの演技を見たければ、オリンピックの体操や新体操の競技を見る方がずっと感動するでしょう。

(3)レッスンは教師自身が行なう!

1.レッスンは必ず教師自身が行い、生徒には代稽古をさせない:

  「当たり前でしょ?」とおっしゃいますか?

  実際には、“大先生”の代わりに中学生や高校生が教えている教室が日本では案外珍しくありません。

  大人になってからバレエを始めた人たちが、2〜3年後には自分の
  バレエ教室を開いてしまう、というのが日本のバレエ教育界の珍妙な現実ですから、中学生・高校生が教えるのもおかしくないのでしょうか?

  バレエを教える勉強をするには、それはそれは長い年月が必要です。
  
  未成年の子供たちが、見よう見まねで小さな子供たちにバレエを教える!?
  
  危険極まりないことです。無責任もはなはだしいと思います。

  間違った教育を受けた子供たちは、変なクセがついてしまい、矯正するのにそれまでの倍以上の時間がかかります。いいえ、倍以上の時間をかけても悪いクセが治らないケースの方が多いのです。

  ...だけならまだしも、

  間違ったレッスンをしていると、足が変型したり、ひざや脊椎や腰や首を痛めて、身体を壊してしまい、バレエどころではなくなります。

  
私たちは、そのような子供たちを大勢見てきています。

  一体、誰がその責任を取るのでしょうか?

2.ポワントは教師が生徒の足に合ったものを選ぶ:

 
 ソフィアでは、初めてポワントを履く生徒には、教師がバレエ・ショップに付き添って行き、ポワントを選びます。

  毎年12月、ポワント・レッスンに主体をおいた講習会(オープンクラス)を開催していますが、外部の参加者の中に、足に合ったポワントを履いていない生徒がビックリするくらい多いです。
  しかも、ポワントでの立ち方をきちんと教えられている生徒はほとんどいません

  聞いてみると、そういうスタジオでは、初めてポワントを履く生徒は、自分で(もちろん、お母さんも一緒に行くのでしょうが)バレエ・ショップに行き、店員さんの勧めるメーカー・モデル・サイズ・幅・シャンクのシューズを購入しているとのことです。

  バレエ経験の豊かなベテランのフィッターが選んでくれるのならいいのですが、残念ながら、そのようなバレエ・ショップはほとんどありません。
  結果、バレエ・ショップが売りたいメーカーのポワントを買わされることになり、初心者が全然、足に合っていないシューズでレッスンをすることになりますから、足・ひざ・腰・脊椎・首...を痛めてしまう、という悲劇になる場合が少なくありません。

  レッスンの時に、生徒が足にあったポワントを履いているかどうか、ちゃんとした教師ならばすぐに分かるはずなのですが...

     最近は、なかなか生徒たちに付き添ってバレエショップに行く時間が取れないので、ソフィアでは、ロシアのG社製のフィッティング・シューズ(ポワント)をスタジオ自前で100足以上そろえてあり、生徒の成長過程に合わせてその時々で足にフィットするポワントを選ばせるようにしています。

  
(4)生徒には最大限の愛情を注ぐ!

  大多数のバレエ教室の教師たちは、バレエだけが生徒たちとの接点で、それぞれの子供たち、特に、思春期の子供たちが抱えている様々な問題には関心がないか、あるいは、あえて、バレエ以外の問題にはかかわらないようにしている(つまり、無関心をよそおう)のが普通のようです。
  そうしたことはとても面倒くさいからでしょう。

     ソフィアでは生徒に何か問題がある時には、教師自身が直接、生徒や親ととことん話し合いをします。

  多くのスタジオでは、スタジオを主宰する“大先生”と直接話をする、などというのは非常に恐れ多いことで、何か問題があって先生に相談したい場合、たいていは、アシスタントを通して話をするんだそうです
  
  日本の「バレエ教室の先生」ってずいぶん偉いんですね!?

  ソフィアでは、生徒や保護者から相談を受けた場合には、生徒と真正面から向き合って、バレエだけでなく、生徒が抱えている様々な問題を一緒に解決しようと努力しています。
 
  ベテランの教師ならば、悩みや問題を持っている生徒がスタジオに入ってきた時に、すぐにそれが分かるはずです。
  また、レッスンを注意深く見ていれば、なおさらです。

  生徒が何か問題を抱ている時にそれを見抜けない教師には教師の資格はないと考えます。

  なぜなら、バレエというのは踊り手のすべてが舞台に出てしまう芸術なので、生徒の悩みがレッスンに出ないはずはないからです。

  ソフィアのスタジオには“いじめ”は有りません。教師が“いじめ”を絶対に許さないという固い決意で生徒たちに接しているからです。

(5)はっきり言って、月謝は安くない!

1.(見かけの)月謝は高いです:

    
    一般的なバレエ教室と比べると、ソフィアのレッスン代は、数字だけ見ると、決して安くないでしょう。

  しかし、狭いスタジオで20人〜30人の生徒たちがひしめくようにレッスンをしているようなバレエ教室と、7名以内の少人数クラスで、生徒一人ひとりに時間とエネルギーをかけ、生徒の個性に合わせてていねいに指導しているソフィアとでは、教育の効果が何倍も違いますから、見かけの月謝が高い、安い、という表面的な数字の違いだけで教室選びをしない方がいいと思います。

2.(ただし)集中レッスンは無料:

  ソフィアでは、正規のレッスン以外に、春・夏・冬、学校が休みの時期や連休の時には、追加費用をいっさい徴収しないで、完全無料の集中レッスンを行っています。教育効果を考えて、そのようにしています。

 
 回数はクラスにより多少の差がありますが、
年間合計20〜25回です
  (つまり、1〜1.5カ月分の月謝が無料になるということになります)

  ですから、見かけの月謝は高いように思われますが、実質的にはそれほどの差はないでしょう。  
  

3.レッスン・クラスは完全なレベル制です:

  多くのバレエ教室では、小学生、中学生、高校生以上、というように年齢別にクラスを分けるか、(生徒の都合の良い日にどこのクラスでも受講できる)”フリークラス制”になっているようです。

  塾だ、ほかのお稽古事だ、と忙しい今どきの子供たちにしてみれば、いつでも自分の都合のいい時間に、レッスンできるというのは、一見、便利なことなのでしょう。

  一方、教室の主宰者にしてみれば、その方が生徒を集めやすい、という教室経営上の理由があるからです。

  徹底的な基礎教育を重視しているソフィアでは考えられないことです。

  例えば、小学生、中学生、高校生、大学生と大人が一つのクラスで算数(数学)を勉強するとしましょう。

  小学生は四則計算、中学生は方程式、高校生は微分・積分、大学生は解析学...、いったい、誰にレベルを合わせて、どの様な授業をしたらいいのでしょうか?

  修得しているバレエの基礎レベルが全く違う生徒がいる混合クラスでは、いったい、どこにレベルを合わせてレッスンをしたらいいのでしょうか?

  「レベル別」と「フリークラス制」のどちらが良いか、教育効率を考えたら、答えは自ずから明白でしょう

  一番重要なのは、どれだけ集中して質の高いレッスンを受けることができるか、ということです。