ソフィア・バレエ・アカデミーでは、毎年定期的にワガノワ・メソッドの一流教師をロシアやベラルーシから招いてバレエ講習会を実施しています。

今までに、ワガノワ・バレエ・アカデミーのエレーナ・アルカーノワ先生、マリインスキー・バレエのウリヤーナ・ロパートキナさん、ボリショイ・バレエのマリヤ・アラーシュさん、マリヤ・アレクサンドロワさん、ベラルーシ国立舞踊学校芸術監督のイネッサ・ドゥシケーヴィチ先生、ベラルーシ・ボリショイ劇場のタチヤナ・シェメタヴェツ先生など世界のトップ・レベルの先生たちがレッスンをしてくださっています。

毎回、講習会終了後に先生方から受講生に関してのコメントをいただいていますが、すべての先生方が日本のバレエの基礎教育に共通した欠点を指摘しています。

 日本のバレエをやっている生徒たちに共通した問題点のすべては、日本人の体型が原因ではなく、先生方の指導法(レッスンのやりかた)に問題があるということです。残念ながら、日本には「正しいバレエの基礎」を分かっている教師がとても少ないのです

   バレエをやっている皆さんは、自分の普段のレッスンを振り返ってみてください。下にあげたうちのどれか一つでも当てはまるものがあれば、あなたには正しい基礎が身についていないということになりますので、レッスンそのものを見直すことをお勧めいたします。

 

《日本の生徒に共通した欠点》

  1. 足先(指先)が正しく使えていない

    軸足は足裏を全て床に密着させる。動足は土踏まずを丸め、指先は折れない様に伸ばす。

    これがバレエの基本ですが、正しくできている生徒はいない。

  2. 「上半身の軸」とは何なのか? がまったく分かっていない

    上半身を真っ直ぐ保つのにはどこの筋肉をどう使い、それに関連した関節をどの様に使ったらいいのか? 
    ということが理解できていない。

  3. 手の正確なポジション

    手の正確なポジションや動かし方ができていない。

  4. 顔の正確なポジション
    顔にもポジションが有るが、手の動きに合わせた顔のポジションを取れない。

  5. 腰や股関節の正しい動かし方:                   

    腰や股関節をどの様に止め(あるいは、留め)どの様に動かすか? が分かっていない。

  6. 頭を使って身体を動かす訓練ができていない

    動きはすべて頭で覚え、身体を動かす時はどの筋肉をどの様に動かせば良いのかを考える能力が足りない。
    (レッスンの時にそのように頭を働かせるような「考えるレッスン」をし
    ていない。)

  7. 音楽をきちんと聞いていない

    バレエは音楽を身体で表現するものなので、音楽をよく聴き音通りに動くというのがバレエの基本だが、それができていない。                        


    上記はバレエに
    とっては基本中の基本であって、どれが欠けていてもバレエを正しく美しく踊ることはできません。

     

    とてもこわいのは、一度間違った基本が身に付いてしまうと、それを正しい基本に修正するのはとても難しい!ということです。ですから、毎日のレッスンで、正しい基礎を身に付けるように繰り返し繰り返し練習することが大事です。
    それは頭を働かせないと(考えながらレッスンをしないと)できません。

 日本の生徒たちは、ただひたすらに動くことばかりを考えていて、バレエの初歩教育の段階で必ず習得していなければならない基礎を理解して正しく動くことができていません。

 

正しい手足のポジション、顔の付け方、背中の使い方、音楽の聞き取り方(リズムや音の流れ)、身体の方向の取り方(バレエには8つの方向が有る)...がほとんどできていません。

 

特に手のポジションは、ほとんどすべての生徒さんは基礎ができていません。

 

手(肩から指先まで)のポジションはバレエにとっては非常に重要な要素です。特にバレリーナにとっては、まず、綺麗な指先と腕、そして、首から肩の線が美しく見えることが第一であり、それは高度なテクニック以上に大切なことです。

 

これはバレエを始めた第1日目から正しい教育を受けないと身に付きません。何年か経ってから生徒の間違ったクセを修正するのは、どんな名教師であっても不可能に近いことです。ですから、ワガノワ・メソッドでは最初の3年間はこれらに関して徹底した基礎教育を行います。

 

 日本ではバレエコンクールが盛んで、大勢の低年齢の子供たちがプロのバレエダンサーでも踊るのが難しいようなヴァリエーションを練習してコンクールで競っていますが、これは、ロシアやベラルーシのバレエ学校で実践されている正統的なバレエ教育からは大きくかけ離れているものです。 


 幼い子供たちがキトリや黒鳥やガムザッティなど、大人の踊るようなヴァリエーションを踊ることは成長期にある子供の身体や健康にとっては大変に危険なことです。

  
上体の使い方、股関節のアンディオールが無いまま強引にポジションを開こうとしている生徒や明らかに間違ったテクニックの指導を受けている生徒がコンクール参加者の中には数多く見られます。
 
 
もしも、この記事を読んでいるあなたが本当に正しく美しいバレエを習得したいと思っているのであれば、世界のトップクラスの教師やプリマ・バレリーナの皆さんのアドバイスに謙虚に耳を傾けて、しっかりとした基礎レッスンをすることをお勧めします。

 

《レッスンで一番重要なこと》

先生の説明を注意深く聞くこと。
人の真似をするのではなく、自分の頭で考えて身体を動かすこと
バレエは身体で踊るものではなく、頭で踊るものです
何よりも正しい基礎を身に付けることを心がけること。
日本のバレエ教育はテクニックを偏重していますが、これは全くの間違いです。正しい基礎があってこそのテクニックです。正しい基礎さえできていれば、テクニックを身に付けることは後からでもできます。しかし、その逆は絶対にあり得ません。

バレエの基礎教育というのは、レンガを積み上げて家を造る作業に似ています。レンガは、一段一段すき間なく積み上げてしっかりと土台を築いていかないと、美しい家を造ることはできません。何か所もレンガを積んでいないからっぽなところが見つかっても、後になってから、そこにレンガを埋めていくことは不可能です。

それと同様、ワガノワ・メソッドの教育では、どの年齢(学年)でどういう基礎を身につけなければならないかがきちんと決まっています。バレエの基礎はそれぞれの年齢においてしか身に付けることができないことが多いので、後になってからそれを習得することは困難です。


バレエにおいては、初期の基礎教育が非常に大切です。
もし、この時期に間違ったことを
教わってしまうと、筋肉がそれを記憶してしまいますから(脳の運動神経の回路が出来上がってしまいますから)、時間が経って、後になってから正しい基礎を教わっても、間違いを修正して正しい基礎を身に付けることはとても難しいのです。
(大変な努力が必要ですし、努力しても不可能な場合が多いです。)

ですから、ロシアでもベラルーシでも、バレエ専門学校の一年生のクラスはベテランの先生が担当しています。

日本では、多くの生徒や保護者は、バレエの高度なテクニックを教える先生が素晴らしい先生だと考えているようですが、それは大きな間違いです。
本当に優秀な先生とは、正しい基礎を
それぞれの生徒の素質と個性に合わせて的確に指導する能力を持った先生のことです。

残念ながら、日本にはそういうバレエの先生はとても少ないのが悲しい現実です。